GRANVISTA PRESS

TOP
ISSUE画像

地域の特産品を見つめ直し、
お土産の歴史を変える商品を開発

試行錯誤の中で生まれたのが、佐野ハイウエイレストランでしか味わえないオリジナル商品の数々です。店内には栃木県の名産品であるイチゴを使った「キャラメリゼ苺クロワッサンパイ」や、佐野市に本店を置く天狗屋養蜂店のこだわりの蜂蜜と那須産の牛乳を用いた「はちみつミルクチーズケーキ」など、ここでしか買えない限定品がズラリと並びます。

また、カフェでも佐野市の有名店と連携したコラボ商品が楽しめます。創業延宝元年(1673年)と約350年もの歴史を持ち、栃木県内最古の蔵元である「第一酒造」の甘酒から作られる「甘酒スムージー」は、保存料や添加物・砂糖不使用で、甘さ控えめのスッキリとした味わい。もちろんノンアルコールのためドライブのお供にもぴったりです。栃木県で育った野菜や季節のフルーツなど、素材の味を活かしたジェラートは、人気ジェラテリア「サンタルチア」とのコラボレーション。地域と連携した商品を通じて、佐野市の隠れた魅力を積極的にアピールしています。

多彩なお土産が並ぶ中、長年不動の1番人気を誇るのは佐野名物「桜あんぱん」。生地に栃木県産のコシヒカリを使用し、ひとつひとつ手作りで焼き上げる「ナカダのパン」の名物商品です。今年、佐野ハイウエイレストランでは新たな商品として、佐野市のご当地グルメとして知られる「佐野らーめん」から着想を得た「ベビースター 佐野らーめん味」の販売を開始。今夏のお土産コーナーにおいて「桜あんぱん」と並ぶ人気商品となりました。